スポンサード リンク

2009年01月01日

生理痛〜プロスタグランディン説

通常の生理痛は、お産の際の陣痛の縮小版(?)と思われます。すなわち、プロスタグランディン説と呼ばれるケースです。

排卵から約2週間たって受精しないと子宮内膜がはがれ排出されます。この子宮内膜がはがれ落ちるとき、痛みはありません。経血が排出される際、通り道である子宮頸部(子宮頸管部)を押し広げて起こる痛みが生理痛と言われています。

生理痛は陣痛と同じ系統の痛みです。プロスタグランディンというホルモンによります。生理痛をはじめ健康問題に詳しいフリーライターの清水直子さんは以下のように述べています。「子宮内膜にはプロスタグランディンという、子宮を収縮させるホルモンが含まれているため、経血を外へ押し出そうとします。お産のときにはこれが大量に出ますから、生理痛のひどいものが陣痛、と考えることもできるでしょう。」(「"ほっ"とする生理痛の本」、22ページ、2004年3刷発行)

機能性月経困難症の生理痛は、"冷え"で血行が悪くなった状態で、経血を体外に押し出すとき、より多くのプロスタグランディン分泌により、痛くなります。また体質的にプロスタグランディンの濃度が高い場合、生理痛が強くなります。

このように子宮収縮ホルモンのプロスタグランディンが、生理痛のメインの原因と言えるのです。

※参考資料:「"ほっ"とする生理痛の本」、清水直子・わたなべゆうこ著、築地書館、2004
ラベル:生理痛
posted by 生理痛 at 00:00| Comment(8) | 生理痛〜機能性月経困難症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

生理痛〜子宮頸部が細い説

機能性の生理痛の場合、プロスタグランディンの過剰分泌と並んで指摘される原因に、子宮頸部(子宮の出入り口)が細いことがあげられます。

初潮から間もない若年層ですと、生理痛の原因に子宮頸部が細いケースが多いと言われています。すなわち子宮が未成熟で子宮頸部が狭いために、月経血をむりに押し出そうとして子宮がより大きく収縮するために痛くなる、というものです。また出産経験のない女性の場合も、若年層と同じく生理時にスムーズに月経血を出せないケースもがあります。

子宮の中でムクムクと厚くなった内膜を押し出すわけですから、子宮の出口が細いと、かなりの痛みを伴います。

ただし、これは基本的に病気ではありません。多くの場合は身体の成長にしたがって改善されますし、出産経験によって子宮頸部も広がり改善される場合もあります。よく子供を産めば生理痛が治るよ、というのはそのようなケースを言い表しています。
ラベル:生理痛
posted by 生理痛 at 00:00| Comment(0) | 生理痛〜機能性月経困難症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

生理痛〜精神的・肉体的ストレス説

機能性の月経困難症には、精神的・肉体的ストレスによる心因的なケースもあります。

痛みを強く感じる人や弱く感じる人もいるように、生理痛の痛みも個人差が大きいといえます。また同じ人でも生理時の精神状態で感じ方が違ってきます。

また生理痛の感じ方には、生理に対するイメージも影響します。生理を汚いもの、わずらわしいもの、痛いもの等とマイナスにとらえると、痛みを余計大きく感じやすくなります。

とくに若い女性の場合、母親をはじめとする周囲の人の影響を受ける場合があります。母親が生理・生理痛に対しネガティブな意見を持っていると、やはり生理に対し悪いイメージをもち、ひいては生理痛がひどくなる傾向にあります。

このように心理的な要因で、生理時に痛みを伴うことがあります。

※参考資料:「レディースクリニック 月経痛と月経困難症」、安達知子著、2004
ラベル:生理痛
posted by 生理痛 at 00:00| Comment(0) | 生理痛〜機能性月経困難症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

生理痛〜対症療法

生理痛の治療法の基本は、鎮痛剤などの「対症療法」です。

原因がはっきりわかっている器質性の生理痛であれば、手術などで原因を取り除き、根本的な治療を行います。これを「原因療法」といいます。

しかしながら機能性の生理痛の場合、原因がはっきりしていないケースがあります。また、原因は推測できても、「それは体質などの問題で病気でない」ケースが多いと思われます。このような場合、原因療法は難しく(またはあえて原因療法を採用せず)、不快な状況を緩和する「対症療法」を行います。さらに、原因が子宮筋腫などと判断できても、年齢やライフスタイルを考慮し、あえて原因療法をとらず、対症療法での対応を選択するケースもあります。(例えば、閉経時期が近いと思われるケースなどです。)

対症療法は不快な症状や痛みをやわらげることを主に狙っています。この対症療法の基本は@鎮痛剤、A漢方薬、B低容量ピル(経口避妊薬)です。

@鎮痛剤
鎮痛剤の利用ポイントは、痛くなる少し前のタイミングで鎮痛剤を使い始める点です。生理開始より少し前から使うのがポイントです。生理開始予定日の1〜2日まえから服用するのがおすすめです。主に生理痛の元となっている子宮を収縮させるホルモン「プロスタグランディン」は、生理の前から分泌されており、生理開始と同時に最大分泌になります。よって生理の少し前から鎮痛剤をのむことで、痛みの予防が期待できます。結果的に、使う薬の量も少なくてすむことでしょう。

応急的なケアは市販の薬でも良いですが、できれば基礎体温を記録し、医師の診断を受けるのが望ましいです。やはり通常、市販薬より医師の処方薬のほうが、効き目が強化されています。効果的なケアという観点からも、適切な医師の診断が望ましいといえます。

例えばイブプロフェン系のお薬は即効性が期待でき、生理痛に効くといわれています。イブプロフェン系はエスエス製薬の「イブA錠」や大正製薬の「ナロンエース」など、市販薬として一般に販売されています。

しかしながら、病院で生理痛の訴えの強い人に処方されるボルタレン、ポンタール、ロキソニンなどは処方薬で、現在のところ市販薬として販売されていません。

A漢方薬
漢方では、身体の異常は、基本的に「気・血・水」のバランスを失ったからおきる、と考えます。おおよそ気=気力、血=血流、水=水分代謝と考えてよいと思います。

生理痛にもこの3つが関係していますが、特に重要なのが「血」に関する部分です。「お血(おけつ/病だれに於)」とよばれる状態を問題視しており、生理痛にはこの「お血=血の滞り」を改善することで解決を図ろうとします。漢方で生理痛を改善する場合、「お血」を解決する「駆お(病だれに於)血剤」というカテゴリーの薬を主に用います。

駆お血剤の中でもよく使われるのが、下記婦人科の3大処方です。
1)桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
2)当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
3)加味逍遥散(かみしょうようさん)

患者さんの体質、体調、医師の見立て等により、この3大処方の組み立て等も違ってくるようです。たとえばいわゆる漢方医学でいうところの証(しょう/体質)の判定はかなり難しいと言われています。漢方薬をうまく利用するには、現実的に処方をたくさん出している臨床経験豊富な医師と、よく相談しながら薬を決めるのが重要だと思われます。

よく言われることですが、漢方薬が体質に合っていると、それだけで生理痛が軽くなったり、ほとんどなくなったりすることがあります。誰でも当てはまることではないので判断が難しいのですが、この体質と漢方薬との相性という要素は、漢方薬を処方する上で大切なポイントです。いずれにせよ経験豊富な医師に相談するのがお勧めです。

B低容量ピル(経口避妊薬)
生理痛の主要な原因であるプロスタグランディン過剰分泌は、排卵後のプロゲステロン(黄体ホルモン)と深い関連性があります。誤解を恐れずわかりやすく言えば、@黄体ホルモンを抑えることで、A子宮内膜のふかふかのベッドを薄くし、Bベッドに含まれているプロスタグランディンという子宮収縮ホルモンの量を減らす、という流れになります。

ただし下記のような条件やリスクがあります。
@高血圧の人は使えない。
Aヘビースモーカーは使えない。
B副作用のリスクのため、長期利用は避けたほうがよい。
C個人差があるので生理痛の軽減効果が得られない場合もある。
D使用中止後、排卵障害が発生するリスクがある。
E薬を飲み忘れると効果が出にくい。毎日飲むことが前提なので、患者の負担が少なくない。

また上記のBとも関連しているのですが、そもそもピルがからだに対して長期的、総合的、包括的にいかなる影響を与えるか、ということに十分な検証がなされていないという意見もあります。ピルはホルモン剤なので、体内が人工的なホルモン環境になります。そのことが身体にどのような影響を与えるのか、十分な検証がまだなされていない、とも言われています。総合的、長期的な影響やリスクに関する解明がまだ完全でない、ともいえます。

ただピルの危険性は実はあまりなく、安全性は比較的高いという意見もあります。生理痛改善に対する有効な治療オプションであることは確かです。また元来、ピルは避妊のニーズから利用が広まった薬です。なので、避妊のニーズがあり、かつ生理痛に苦しんでいる人が利用する分には、よりメリットが高いと言えます。

     ***     ***     ***

以上のような対症療法があります。対症療法はおもに、生理痛の不快な症状や痛みを緩和する事を考慮しています。対症療法には、鎮痛剤、漢方薬、低容量ピルという主要3大療法があります。

生理痛の状況やご自分の体調・体質およびライフスタイルを考慮し、医師とよく相談して適切な対応を望みます。

※参考資料:「"ほっ"とする生理痛の本」、清水直子・わたなべゆうこ著、築地書館、2004
posted by 生理痛 at 00:00| Comment(3) | 生理痛〜機能性月経困難症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

生理痛〜民間療法

最近の研究では生理痛はホルモンの変調の表れが大きくかかわっていると、言われています。そこでからだ全体のトータルケアが重要ではないか、と考えられます。特にホルモン・バランスにおいて、現代社会では、精神的な過度のストレスが大きく影響していると思われます。

誤解を恐れずわかりやすく言えば、下記のような状況でしょう。
過度のストレス→自律神経のバランス崩壊→血管の過度の収縮→血行不良→ホルモン・バランスの変調→生理痛の悪化

例えば下記のようなパターンが考えられます。
@過度に神経を使う仕事のプレッシャーや複雑な人間関係の困難さから、神経が常にピリピリしている。不安感が必要以上に増大する。
A行動をつかさどる交感神経が過剰に反応し、休息を担当する副交感神経が十分に働かない。
B交感神経は血管を収縮させる。交感神経過剰は血管収縮を助長させる。血液がスムーズに流れにくくなる。血行不良状態になる。
Cホルモンは血流に乗り体内を行き来する。よって血行不良が起こると、ホルモンがスムーズに流れない。ホルモンを(例えば)脳から子宮に送ろうとすると、血流不足をカバーするため、大量に分泌させ無理やり送ろうとする。
Dホルモン、例えばプロゲステロン(黄体ホルモン)の過剰分泌が起こる。
E子宮内膜のベッドがフカフカになるのは良いが、過剰にフカフカになりすぎる。子宮内膜が過剰に作られる。
F生理の時期になると、子宮は多めに作られた子宮内膜をからだの外に出そうとする。多めの子宮内膜組織を、無理やり酵素により溶かそうとし、プロスタグランディンの強めの作用でこれまた無理ぎみに子宮から膣に押し出す。
G子宮まわりの無理がたたり、関連組織が悲鳴を上げ、痛みが走る。生理痛の悪化が起こる。
 
そこで民間療法の主要なポイントとしては、自律神経のケアや血行の改善、ホルモン・バランスの改善で生理痛を緩和しようとします。

自律神経のケアとしては、なるべくからだをリラックスさせ、心地よさを実感できる時間と環境を整えたいものです。たとえば、大きな公園でゆったり散歩し自然を満喫する、ぐっすり睡眠をとる等です。

また血行の改善では、衣類や暖房、入浴などでからだを温めましょう。温泉でのリラックスは血行の改善だけでなくリラックス効果も期待できます。またストレッチなどの軽い運動や足つぼマッサージなどのリフレクソロジーも有効といえます。や過剰なプロゲステロン(黄体ホルモン)分泌を抑え、生理痛の状態を緩和させましょう。

ホルモン・バランスの改善では、医食同源というように食生活の改善があります。基本的には、「たくさんの種類の食品を腹八分目で薄味で」ということになります。食品はたくさんの種類の組み合わせにより互いの栄養素を引き出します。また塩分過剰による「むくみ」を抑えるため薄味にしたいものです。それ以外のポイントとしては以下の通りです。
・大豆製品は毎日摂取したいものです。大豆に含まれるイソフラボンがエストロゲン分泌過剰を改善させ、正常レベルに落ち着かせようとする効果が期待できます。
・動物性脂肪は控えましょう。動物性脂肪がエストロゲンの増加をもたらすという報告があります。
・大根、にんじん、ごぼうなどの根菜類をとりましょう。食物繊維をとることで、子宮に近い小腸大腸内部の環境がよくなり、便秘や下痢の症状が緩和されます。

生理痛に対して昔から様々な民間療法があり、新しい民間療法はたくさんあります。効果のほどは明確でないケースもありますが、いろいろ調べた上試していただき、自分に合った民間療法が見つかることを希望します。

※参考資料:「"ほっ"とする生理痛の本」、清水直子・わたなべゆうこ著、築地書館、2004
posted by 生理痛 at 00:00| Comment(3) | 生理痛〜機能性月経困難症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

生理痛〜民間療法〜マカ、キヌア

実は私の妻も生理痛がひどく、いろいろ試してみました。たとえば、ストレスをためないよう生理時には家事・育児を手伝うとか、体を冷やさないようホットカーペットを買うとか、早めに寝るとか試みました。

しかしどうも改善されません。妻いわく…
「私の生理痛はひどい部類に入り、決して精神的な原因ではない。」
「男の人だと耐えられないかもしれない(ほど痛い)…」
「内膜症かもしれない…」

子宮内膜症だと骨盤内癒着がすすむケースがあります。骨盤内癒着とは、生殖器(子宮、卵管、卵巣)と腸管など骨盤内の臓器とが、接着剤でくっつけたかのようにベッタリと貼りついて剥がれなくなってしまう状態です。癒着が少しでもあると、下痢や便秘や腸関連の痛みが若干でもあると思います。しかし聞いてみるとそれはない。下痢や便秘や腸の痛みはほとんど無いのです。

出産経験はあるので、それではオーソドックスにプロスタグランディン系の痛みと思いました。そこで対症療法としてイブプロフェン系の鎮痛剤を生理の3日前くらいから飲みました。しかしほとんど効き目なし。う〜ん残念です。

そこで新宿の書店で偶然見つけたのが、健康ライターの瑞城ゆう子(Yuko Mizuki)さんの「つらい生理痛、PMSから解放された!」です。そこには南米シリアルHMAQが生理痛などに効く、と書いてありました。南米シリアルHMAQとは、南米ペルー原産の薬効植物「マカ」「アマランサス」「キヌア」で作られたサプリメントのことだそうです。

「つらい生理痛、PMSから解放された!」の内容(「MARC」データベースより)
なかなか理解されない女性の生理痛、PMS(月経前症候群)。そのつらさを女性ライター自身の実体験より紹介し、薬用植物の宝庫南米で見つけた「南米シリアル(高濃縮マカ・アマランサス・キヌア)」のパワーを検証する。
※Amazonより引用(http://www.amazon.co.jp/

さっそく南米シリアルHMAQを妻に試してもらおうと思ったのですが、ちょっと身近では手に入りません。そこでとりあえず、DHCの健康食品「マカ 20日分」を近所のサンドラッグで買ってきました。
DSCF2243.JPG
※DHC Online Shop
http://www.dhc.co.jp/main/main.jsp

そしてキヌアはケンコーコムで買いました。K217980Hキヌア(キノア)200g(430円、送料別)です。
DSCF2192.JPG
※ケンコーコム
http://www.kenko.com/

マカは(薬のように)飲み物と一緒にマカのカプセルを飲んでいます。キヌアはお米に混ぜて炊いています。
・2008年12月3日ごろからスタート。生理(生理痛)は12月12日〜14日ごろがピーク。
・マカは1日1カプセル
・キヌアは週に4〜5食の夕飯のご飯に混ぜる。量はおおさじ2〜5杯くらい。(かなり適当です…)

するとどうでしょう。あれほど痛み苦しんでいた生理痛がかなり改善されたようです。
「いつもより生理(生理痛)がラクだった」
「からだが動きやすかった」
「今までの生理痛を100とすれば、半分以下、だいたい40くらい(の生理痛のレベルだった)」

その結果、「子供にイライラあたることが無かった」ようです。良かった…(!)

これは個人的には、いや我が家的には、大発見、大収穫です。まだ1回の生理(月経)だけなのではっきりしたことはわかりませんが、来月以降も続けていきたいと思います。

※参考資料:
「つらい生理痛、PMSから解放された!―女性特有の症状が、“南米シリアル”で治った」、瑞城ゆう子著、2003
「もうがまんしない!この生理痛、あの不調」、小杉好紀著、2006

---------- ----------
【追記1】
2009年1月もマカとキヌアの食事療法を行いました。1月10日ごろが生理開始のようでした。ちょっとキヌアの摂取が少なかったのですが…。すなわちご飯に混ぜることが少なかったようです。そのせいか、血行イライラしていました。でも以前のような激痛・鈍痛に見舞われ、終日寝込んでいることはなく、イライラを爆発させることもなかったようです。

やっぱり、マカとキヌアは効くようです。栄養のバランスが良いのかなあ…。アミノ酸やミネラル、ビタミン類が豊富なので、おそらく何らかの作用で体内のホルモンがうまく調整されるのでしょうね。

※参考資料:アンデス自然食品研究所
http://www.andeanfoods.com/index.htm

---------- ----------
【追記2】
キヌアはそのものにあまり味がない(薄い)ので、いろいろな料理が考えられると言われています。確かにプチプチの食感は特徴的ですが、味は特にありません(私の感想)。

下記サイトにキヌアの料理レシピが載っています。とても参考になります。もちろんお米のように「キヌアの炊き方」も載っています。

「雑穀キヌアの料理レシピ」
http://quinua.jp/recipe/recipes.html

※参考資料:
「キヌア(キノア) 雑穀キヌア女性のための健康コミュニティ」
http://quinua.jp/

[PR] 女性の毎月のお悩みに。こだわりのマカ。(Hot Store, Inc)

[PR] MACA EXTRACT マカ (「アイ薬」個人輸入代行)
posted by 生理痛 at 00:00| Comment(16) | 生理痛〜機能性月経困難症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。