スポンサード リンク

2009年01月12日

生理痛〜卵巣腫瘍

器質性月経困難症のおもな原因は、@子宮内膜症、A子宮腺筋症、B子宮筋腫の3つです。器質性の生理痛は、子宮を中心に発生する痛みですので、子宮の不具合を大方その原因としています。

ただ卵巣を原因とするケースもあります。卵巣腫瘍が代表的なケースです。

卵巣は実は腫瘍ができやすい構造を持っています。排卵するごとに、卵巣表面が傷つき修復が繰り返されるためです。

卵巣腫瘍は、@中身が液体の嚢胞性腫瘍(卵巣嚢腫)と、Aこぶのように硬い充実性腫瘍とに分けられます。嚢胞性腫瘍が9割を占め、ほとんどが良性です。(悪性の場合もまれにあります。)

腫瘍がまだ小さいときは、自覚症状はありません。握りこぶし大になると、下腹部痛や生理痛をともなうことがあります。

またすなわち急な運動などで卵巣腫瘍が根元からねじれると(茎捻転)、激しい下腹部痛、吐き気、ショック症状などが起こることがあります。ねじれたことで、卵巣に血液がいかなくなり、卵巣の破裂、卵巣腫瘍の壊死などを引き起こします。大変危険な状態です。

茎捻転は非常に危険なので、卵巣腫瘍は小さいうちは経過観察しますが、大きくなったら切除するケースが多いと思われます。

「女性の<からだと心>安心医学 ウィメンズ・メディカ」(井口登美子・東京女子医科大学名誉教授ほか監修、小学館、2003年)の90ページに下記の記述があります。

「卵巣嚢腫のために大きくなった卵巣は、なんらかのきっかけで、卵巣が根元からくるりとねじれてしまうことがあります。これが茎捻転です。
茎捻転が起こると、卵巣の根元がねじれるために、卵巣にうっ血が起こり、はげしい下腹部痛や嘔吐、吐き気がして、ときには意識不明などのショック症状を起こすこともあります。こんな症状が現れたときには、ただちに救急車を呼んでください。時間がたつと、卵巣へ血液が流れなくなり、その部分から腐って(壊死)しまいます。
茎捻転を起こしたら、腫瘍の種類や大きさにかかわらず、緊急手術を行います。多くは、茎捻転を起こした卵巣を全適することになります。
卵巣嚢腫が4〜5cmを超えると茎捻転を起こしやすくなります。嚢腫の大きさによっては、手術を検討したほうがよい場合もあります。」

茎捻転を起こしたらアウトですので、その前に卵巣嚢腫への適切な治療を推奨します。

※参考資料:「レディースクリニック 月経痛と月経困難症」、安達知子著、主婦の友社、2004
posted by 生理痛 at 00:00| Comment(0) | 生理痛〜器質性月経困難症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。